クロロキンの過去と未来

 
クロロキンの過去と未来

クロロキン薬害事件。
この事件も有名です、
これは、抗マラリア剤のひとつで、マラリアの治療もしくは
予防の為に使われます。
1934年にドイツで最初に合成されました。
現在では、クロロキンに耐性を持つマラリア原虫が
出現している為、
これ一つで使用される事はなくなった。

最初、ドイツで合成に成功していたが毒性の強さから実用化は
実現しなかった。
1943年アメリカで独自開発して
抗マラリア薬として発売した。

しかし、1959年にクロロキン網膜症という重大な副作用が
報告された。
これは、長期間投与されると眼底黄班がおかしくなり
毛細血管が細くなり視野もせまくなってしまう。
この病気には治療法がなく、
クロロキンの服用を中止しても症状は進行していきます。
日本では、
1955年頃から使用され、マラリア以外にも
慢性肝炎や癲癇や関節リウマチなどに効果があると誤った認識が
広まり薬害患者の大量発生につながってしまった。

M.D.アンダーソンがんセンターの研究グループによると
クロロキンで休眠状態のがん細胞の自食作用のスイッチを遮断し
がん細胞の再成長を阻害したと報告がある。

現在は全身性エリテマトーデスの治療薬として有効性が
認められ、広く使用されている。